消費者金融の歴史

小口融資として個人が気軽に借り入れができる消費者金融。
最近では、大手の銀行関連のCMも増えていたり、より簡単に借り入れができたりなど時代によってそのイメージは変化しています。
現在では様々な問題も抱えながらも、利用者は10人に1人とも言われています。
そもそも戦前から個人への融資は存在していましたが、戦中はその流れが途切れます。

その後、50年代から信用金庫などの中小金融機関の消費者融資から始まり、60年代に入ると金融の自由化によって都市銀行も消費者に参入し始めある種のブームとなりました。
しかし、都市銀行系の融資は個人の信用調査システムが現在ほど確率されていなかったため、融資対象者の制限、担保や保証の確保、融資資金の使用先制限など、現在の消費者金融のイメージよりも審査の厳しいものでした。
そこで登場したのが、小口融資が可能のいわゆるサラ金です。

その後、クレジットカードによるキャッシングサービスや70年代には銀行カードローンなどが登場し、それとともに消費者の借金への意識の変化とともに普及していき大きな市場へとなっていきました。
さらに、より審査が甘く自動貸付払機など借り手が借金を気軽にしやすいシステムへと形態を変えることになります。
しかし、利用者の増加に伴い強引な取り立て、高額な利息によって追い詰められた利用者の自殺など様々な問題も抱える存在として社会問題として扱われます。

それにより、貸金業規制法の制定を着手していくこととなります。
その法整備の中で、現在特に注目されているのが利息の制限によって発生した過払い金です。
次のページで、その過払い金について説明致します。

Copyright © 2014 消費者金融の変換 All Rights Reserved.